オシャベリーナ > メンバー一覧 > 渡邊知子 > コラム > 冷えの恐怖②ストレスと冷えの密接な関係

コラム

エステティシャン

渡邊知子 Tomoko Watanabe
プライベートエステサロン フルリール

冷えの恐怖②ストレスと冷えの密接な関係

40代からのハリ・ツヤ・ハッピー女性を作る、フルリールの渡邊です。

日々、お客さまのお手入れをしていると、ストレスを抱えている方がとても多いと感じます。

 

 

原因は色々ですが、仕事が忙し過ぎたり、職場の人間関係でお悩みがあったり、ご家庭での問題を抱えていたり…

ストレスと冷えは大きな関係があります。

ストレスを感じると、交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなり、身体が冷えます。

 

また、身体が冷えると、身体は体温を逃さないように、血管を収縮させます。この時、交感神経が働きます。
 交感神経が優位になると緊張状態が続くため、リラックスできず、ストレスを感じやすくなってしまいます。
この「冷え」と「ストレス」の負の連鎖を放っておくと、どうなるでしょう?
冷える→ストレスを感じやすくなる→自立神経が乱れる→白血球のバランスが崩れる→自然治癒力が低下する→病気にかかりやすくなる
「冷えは万病の元」と言いますが、まさにこれが起こります。
そして、これが40歳を過ぎ、更年期に突入した女性だったら。
私達女性の心と身体は、女性ホルモンに守られています。肌や髪のツヤ、自律神経系、代謝、免疫などなど、多岐にわたります。しかし、女性はだいたい40歳頃から50歳頃にかけて急激に女性ホルモンの分泌が減ります。そう、50歳にして、お守りが無くなってしまうのです。
ただでさえ、お守りが無くなって無防備になったところに、冷えやストレスといった負荷が掛かったら…
心身の不調が起こりやすくなるのは明らかです。
しかし、本当に具合が悪くなってハッキリした病名が付かないと、我慢してしまう方が多いのは事実です。
「手足が冷たいのはいつものことだから」と冷えを放置してませんか?
不満やイライラを抱えたまま、日々を過ごしてませんか?
更年期の不調を放っておくと、その後の生活の質が下がると言われています。
今も、そして将来も快適な日々を過ごすために、身体を温め、こまめにストレスを発散しましょう。
私はエステを通して、女性を少しでも快適にするお手伝いを出来たらと思っています。
◇温めてリラックスできるメニュー◇
温活ボディスペシャルコース詳しくはコチラをご覧ください
2017/11/17まで、特別価格でご提供中です!
投稿者:渡邊知子

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

Facebookコメント

シェア