オシャベリーナ > メンバー一覧 > 渡邊知子 > コラム > 春の紫外線を侮るなかれ

コラム

エステティシャン

渡邊知子 Tomoko Watanabe
プライベートエステサロン フルリール

春の紫外線を侮るなかれ

40代からの、ハリ・ツヤ・ハッピー女性を作る、フルリールの渡邊です。

4月に入りました。

肌の深部に届き、しみ・シワ・たるみなどの肌老化の原因となる紫外線A波(UVA)は、4月にはピークである7月の約7割に達し、肌に降り注ぎます。

そして、日焼けする方の紫外線B波(UVB)は4月から急激に増えます

コラーゲンの劣化を進める要因である糖化も紫外線によって進んでしまうことが解っています。

利用されずに余った糖質がタンパク質と結びつき、肌にダメージを与える物質ができてしまうことを「糖化」と言います。

この糖化によってコラーゲンの弾力性が失われ、硬くなります。それが肌のハリや弾力を失わせるとともに、肌色を黄色くくすませます

特に40歳を過ぎると糖化が進みやすくなると言われています。日焼け止めでしっかり肌を守ると共に、美白効果のあるアイテムを日々のケアに取り入れましょう。また、気温の上昇で皮脂分泌が増え、べたつきが気になり始めます。

べたついた肌に春風によって気中を舞うチリやホコリ・花粉が付着して、肌荒れや吹き出物の原因になります。

これは4月に限ったことではありませんが、この時期は特に

きちんと汚れを取り除く
保湿して角層の状態を整える
紫外線から肌を防御する

の基本が大事です!

では、「角層の状態を整える」とは、どういうことでしょう?

角層は、肌の表面の約0.02mm程の部分で、保湿機能やバリア機能という重要な役割を果たしています。


バリア機能とは、体内からの水分を逃さないことと、外からの異物の侵入を防ぐ役割のこと。

保湿機能とは、水分をキープして潤いを保つ役割のこと。

これが、肌表面のサランラップ程度の薄い部分に掛かっているのです!

この薄い部分の細胞が整然と並んでいる状態が、角層が整ってる状態と言えます。

とはいえ、なかなか自宅でのケアだけでは、良い状態をキープするのは難しいですよね。

そこで、フルリールでは、「季節限定・春のエイジング美白」というコースをご用意しました。

・背中のマッサージ→身体をほぐして臓腑の働きを活性化
・スクラブクレンジング→皮脂を取り除く
・美白ローションマスク→たっぷり水分補給
・顔とデコルテのマッサージ
・美白のジェルマスク→メラニンの生成を抑え、ぷるぷる肌にお仕上げ

という、春の肌ダメージに特化した内容となっています。

年齢と共にダメージからの回復力は衰えてきますので、早めのお手入れで老化曲線を緩やかにしていきましょう。

「季節限定・春のエイジング美白」の詳細はこちらをクリックしてください。

ご来店を心よりお待ちしております!

投稿者:渡邊知子

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

Facebookコメント

シェア