オシャベリーナ > メンバー一覧 > 回遊魚のおゆみ > コラム > みんなに知ってもらいたい、年金関連情報①

コラム

人生設計士

回遊魚のおゆみ

みんなに知ってもらいたい、年金関連情報①

こんにちは。

ご自分の年金の予測は、ついていますか?

ねんきん定期便より、貴方の年金診断&カウンセリングをすることができますよ。

さて、ご自分の年金を増やす方法の情報提供です。

第一回は、個人型確定拠出年金 iDeCoです。

iDeCoについて

「iDeCo」とは、「個人型確定年金」の愛称です。

加入者が月々の掛け金を拠出(積立)し、予め用意された金融商品で、運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取るしくみです。

取扱金融機関を比較検討し、選択することが肝要。老後資金しっかり増やしたいなら、「iDeCo」を利用しない手はありません。

特徴

① 掛金(積立) 月額5000円以上 1000円単位 上限 加入年金による(企業年金のある会社員 月1万2千円 / 企業年金の無い会社員 月2万3千円/ 専業主婦(夫)月2万3千円/自営業 月6万8千円)

② 金額変更 年1回

③ 掛金拠出の休止・再開 申し出手続きをすることはいつでも可能

④ 納付方法 自営・無職の方は、本人口座からの引き落とし。会社員は。給与天引きまたは、本人口座からの引き落とし。(残高不足の場合は、その月は未納扱い

⑤ 運用 選択する金融機関(運営管理機関)によって用意されている金融商品が異なります。預貯金タイプ/投資信託タイプ

⑥ 給付60歳~70歳の間に「一時金」「年金」「一時金と年金の両方」いずれかを選択

メリットと注意点を挙げます。

① 積み立てた掛け金全額が所得控除の対象となり、課税所得が減ることで納税額が少なくなる。

② 通常、株や投資信託などの金融商品から出た利益に対しては20.315%の税金がかかりますが、確定拠出型年金での運用で出た利益は非課税です。

③ 60歳以降に受け取る資産を老齢給付金といいますが、受け取る方法は2つあります。それぞれ「退職所得控除」「公的年金等控除」の対象となり、控除の対象となります。

注意点

① 60歳以降でないと受け取ることはできない(途中解約はできない)

② 運用した資産が60歳の時にどのぐらいの額になっているかは、60歳になってみないとわからない(元本割れのリスクも含む)

③ 口座開設・維持にそれぞれ手数料がかかる(加入時2777円~ 運用期間中月額167円~)金融機関によって異なる

人気(資料請求の多い)「iDeCo」取り扱いの金融機関

第一位 SBI証券 第二位楽天証券

ご一考くださいませ。

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

Facebookコメント

シェア