オシャベリーナ > メンバー一覧 > 美igucci > コラム > “色” の歴史

コラム

美igucci

“色” の歴史

いよいよ、“秋” おしゃれの季節到来です。

 

先日、江戸時代の歴史本の中に、四十八茶百鼠 (しじゅうはっちゃひゃくねずみ)

という言葉がでてきて…皆さんご存知ですか?

 

これ、江戸時代後期にでてきた「色」の事です。

 

江戸時代は、まさに色彩の時代。

武家と富豪の町人が贅沢な衣装に明け暮れた前期。

 

江戸時代も半ばには、豪商といわれる富裕層が登場。

町民も生活が豊かになり、着るものや身に付けるものが派手になり、

よりいいものを求めるように。まさに、バブル時代!

 

そんな中、幕府は庶民に贅沢を禁止することで倹約させる

「奢侈禁止令」(しゃしきんしれい)を発令します。

木綿や麻以外の素材は禁止。

色も「茶色」「鼠色」「藍色」のいずれかしか身に付けられなくなりました。

紅色やピンク色、橙色など華やかな色が全く着れなくなりました。

 

しかし、ここが町人の知恵。さすが、江戸っ子!

そういう状況下で、

茶系統と鼠系統の多彩な色合いとその都度つけられる新しい「色名」が次々と誕生します。

これが「四十八茶百鼠」

茶系統も鼠系統も実際には、100以上の色名があり

その微妙な色彩の違いを当時の人は見極め、おしゃれを楽しんでいたのは驚きです。

※昔は、灰色とは言わず、鼠色と言いました。

これは、江戸の町が、火事が多いので灰色は縁起が悪いので

鼠色と名ずけたと言われるそうです。

 

この 四十八茶百鼠 当時の浮世絵に影響を与えています。

 

又、おしゃれもあか抜けしさっぱりしたものを好みました。

これぞ「」といわれる美意識の誕生。

 

規制がある中でも、新たな色と、「粋」というおしゃれを

生み出した当時の江戸庶民の気質、見習いたいですね。

 

実は、日本人は色彩を分析し見分ける能力が世界でもトップクラスなんですよ。

 

 

安土桃山時代は、金色だけが象徴するような金彩美の時代だったり

 

歴史も で見ていくと、凄く面白いですよ。

 

 

 

 

投稿者:美igucci

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

Facebookコメント

シェア